タグ別アーカイブ: 鼻涙管狭窄

愛犬の気になる涙やけについて考える

愛犬の可愛さ半減~。何とかしたい涙やけ!

愛犬の涙やけに悩みを抱えてる飼い主さんは少なからずみえるかと思います。
可愛いお顔を何とか綺麗にしてあげたいですよね。
気がかりな涙やけは臭いの原因にもなります。
今回は涙やけの原因と解決・改善を探ってみたいと思います。
(涙やけとは、あふれ出した涙が目頭から鼻の横にかけての被毛にこびりつき変色したものです。)

 

涙やけをおこす原因は?

現在、涙やけをおこす原因は以下のようだと考えられています。
・ドッグフード、環境によるアレルギー
ドッグフードに使用されているタンパク質やその他の原材料に対してアレルギー反応を起こした場合、眼が痒くなって掻いたりし涙が大量に出ます。
ワンコのアレルギーは主にフードに対しておこると思われがちですが、草木の花粉やハウスダストなどに対してもアレルギーをおこします。
・鼻涙管狭窄
鼻涙管と言うのは眼から鼻に涙が通り抜けていく管をいいます。
眼頭の辺りに涙点という涙が流れていく穴があり、この鼻涙管がもともと狭い場合やだんだん狭くなっていく場合があります。
もともと狭い子の場合は遺伝、だんだん狭くなった子の場合はドッグフードに含まれる添加物や原材料として使用されているタンパク質が原因ではないかと言われています。
・逆まつげや眼瞼内反
逆まつ毛は人でも良くありますがワンコにもあります。
まつげが眼の中の方を向いて生えて眼の表面を刺激し涙が出ます。
眼瞼内反は眼のふちが眼の内側に入り過ぎて、眼の表面を眼瞼がこすり刺激することで痛みが生じ涙が出ます。

 

食の重要性

涙やけの原因としてフードに対するアレルギー反応が関係しているとあげられていますが、フードやおやつを変えたら改善したという話も聞きます。
実際、うちの子もフードを替えて涙やけが改善した子もいます。
以前にフードについてふれていますが、フード選びは難しいですよね。
どんなフードが愛犬に合うのか?
体質にあったフードに出会えるまでには時間がかかります。
フードの原材料には穀物や各種肉、肉の副産物、油脂類、その他添加物などが含まれています。
元々、ワンコは肉食です。
穀類の消化がうまくできず、穀物アレルギーをおこしやすいそうです。
肉はタンパク源として取り込みアミノ酸に分解され、またタンパク質として作り変えられます。
その材料となる肉が粗悪なものであれば老廃物や有害なものが発生します。
これが、涙やけの原因になることもあるそうなんです。
フードを選ぶ際には原材料に気を配る必要があります。

 

涙と涙やけの原因

涙の98%は水分で、その他にタンパク質、リン酸塩なども含有する弱アルカリ性の液体なのだそうです。
この水分量が減少するとタンパク質やリン酸塩の濃度が上昇し粘稠性が上がります。
ベタベタした涙は鼻涙管をうまく流れず眼の外に溢れ、眼の周囲の毛に付着します。
この涙が空気に触れて酸化すると茶色く変色し涙やけになってしまうそうなんです。

 

スポンサーリンク

 

目元のケアをしてあげる

涙やけに悩み、食での体質改善をおこなってもすぐにピタっと止まるわけではありませんので日頃から目元のケアをして愛犬の目元を綺麗にしてあげましょう。
① 汚れをとる
目ヤニや涙で汚れた部位を精製水を含ませたコットンで優しく拭き取ってあげる。
(水道水は塩素等の消毒剤、ミネラルウォーターはミネラル成分が含まれているため、目の付近に使用するのは適していません。精製水を使うのがベストだと思います。)


② 目頭の下の茶色くなった毛をカットする
伸びている毛に目ヤニや涙が付着すると不衛生です。
綺麗にしてあげたらカットをしてあげましょう。
毛をカットする時は、目元のあたりの毛をコームでほぐしてから皮膚を切らないように注意し、茶色くなっている毛をカットします。

(私は目頭から斜め45度くらいのところをすくうようにコームをいれてカットしています。)

目にコームやハサミがあたらないように十分な注意か必要です。
お家ケアに慣れていないワンコはトリマーさんにお願いしましょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

小型犬、特にプードルは涙やけが多い犬種です。
涙やけをおこす原因がわかれば、飼い主としては何とかしたいものです。
眼の周りの毛をこまめにカットしたり、フードやおやつ選びに気をつけることで改善ができるかもしれません。
また、運動不足になると新陳代謝が悪くなり体内の老廃物が溜まり気味になって涙やけが酷くなるそうです。
運動量も涙と関係しているのですね。
私もフード選び方にはかなり迷い、現在食べさせているフード(ナチュラルナース/SGJプレミアムドッグ)に辿りつきましたが、残念ながら全ての子が涙やけをおこさなくなったわけではありません。
自分の食事以上に気をつけているのですが、難しい問題です。
獣医師の診察もクリアし、食も見直しました。
それでも涙やけをおこす子がいます。
あとはケアをするしかありません。
目元を綺麗にすることを心掛けています。


仔犬を迎えて間もない飼い主さんやまだ涙やけの相談を獣医師にしたことがない飼い主さんは、一度診察を受けることをおすすめします。
愛犬がすっきり綺麗なお顔になってくれると嬉しいですよね。
(私が知り得た情報や見解です。)

 

スポンサーリンク