タグ別アーカイブ: 仔犬の悩み

1歳を迎えるトイプードルの男の子との生活

我が家のニューフェイスが1歳のお誕生日を迎える。

我が家のニューフェイス、おチビのダリルくんが2018年の6月で1歳を迎えます。

小型犬の1歳は人の年齢でいうと18歳くらいですね。

 

ダル

ワクチン接種以外は病院のお世話になる事もなく、とっても親孝行な子です。

久しぶりの男の子の育児や先住犬との関係など、あれこれをお話したいと思います。

 

 ダリルの体型・体質

1歳となりますので、ほぼ成長は止まったかと思います。

ダリルくん、現在は1,060g前後。

 

体重(2018年3月)

予想していたより大きくなりませんでしたが、男の子らしく固めでしっかりした体格です。

毎日一緒に生活しているとどこが成長したかはわかりにくいものですが、ハッキリとわかるところは体重以外では脚が伸びました。

ハイオンタイプですね。

体型は5段階でいうと3の普通というよりは2.5くらいでしょうか。

痩せてはいませんが細身です。

毛量は少なくもなく多くもなく普通。

コートの硬さは柔らかくふわふわです。

巻きはほぼありません。(クルクルにならないかもしれません。)

小さい体の子はあまり巻かないケースが多いですもんね。

体臭はありません。

でも、顔を近づけた時にたまに涙特有の臭いがします。

(精製水でキレイに拭き取ってあげれば臭いはなくなります。)

成長していく中で「涙が悩みだわ~!」って思わなかったので、年齢とともにそろそろ涙は出なくなるかなって思っています。

耳のケアは嫌がりますが耳垢もなく臭いません。

 

健康

「小さい=未熟」ではないです。

生後8ヶ月を過ぎてやっと1キロを超えてくれましたが、ガツガツ食べて、しっかりした便をしてくれます。

1歳までは3食で育てようと思っていましたが、気が付けば1歳まで残り数日です。(汗)

1歳過ぎたらどうするかは未だ悩み中です。

現在はナチュラルナース1食10g、1日30gをあげています。

(ナチュラルナースでは「仔犬は体重の1.5~2倍量」と記載があります。)

ダリルは病気知らずで、具合が悪くなったこともありませんが、睡眠時間が便の状態を左右させてるみたいです。

精神的なもの、テンションもあるかもしれませんが、ダリルの通常の睡眠時間より足りていないと少しだけ便が柔らかくなります。

でも、一寝りすれば便は通常に戻ります。

自分で体調を戻してくれるので本当に有難いです。

スポンサーリンク

 性格

甘えっ子、マイペース、内弁慶、好奇心旺盛

並べてみましたが、まだ仔犬状態?で性格が確立されていないよ~な。

男の子は女の子より甘えっ子だと思いますが、ダリルも甘えっ子です。

家に来たばかりの頃は私が出掛けると分かったら、「まぁまぁ~~~」と鳴いてました。(笑)

甲高い声で鳴く声は「ママぁ~」と聞こえたんですよ。(親バカ)

「どこからでるの?その声~」ってな感じ。

無視しなきゃダメなんですけど可愛すぎて。(笑)

今は鳴かなくなったので、懐かしいです♡

男の子、女の子、個々で性格は違いますが、でも、やっぱり生まれた時から一緒の子と、外から迎えた子とでは、性格以外にも違いを感じます。

目も開いてない、耳も聞こえていない時から常に話しかけながら触ってお世話をした手や声、匂いはわかるはず。

家で生まれて家で育った子は抱っこ好きですが、外から迎えた子はなかなか馴染めないようで。

抱っこはされますが、何かこう甘え方というか、そう、親密度が違うんですよね。

犬年齢でいうと生まれて5歳くらいで親から離されて、知らない人の家に来るんです。

安心させて、愛情を注ぎ、信頼を得るのには時間がかかりますよね。

1歳の男の子はまだやんちゃで落ち着いていないので性格は掴みきれていません。💧

 

 先住犬との関係

先住犬達の行動を見る限り、ダリルのことは、

アウトオブ眼中!のようです。

ダリルが小さいからか、それとも男の子だからかは分かりませんが、威嚇したりだとか乱闘になるなんてことはないです。

うちは女系なのですが、彼女達が寝てる上をダリルが通過しても起きもしません。

ダリルは平気で彼女達の体や頭を踏んで我が道を進みます。

みな、頭も上げず、目も開けず。💧

多頭、犬社会ではピラミッド型の順位づけがあるかと思いますが、ダリルは底辺でもないし、頂点でもないのです。

ダリルは今まで先住犬の誰にも服従したことはありません。

気は強いと思いますが、ケンカを仕掛けたこともありません。

いかんせん、誰も相手にしてくれてないのですから、ケンカにはなりませんね。(笑)

いろいろ謎です。

さんです。

スポンサーリンク

 悩み

久しぶりに男の子の育児をして感じたのは覚えの悪さでした。

トイレを覚えさせるのに苦労しました。

生後9ヶ月目に入りやっとトイレ以外での排泄はなくなりました。

長かったです。(汗)

共同トイレの場所は分かっているのですが、反対方向へ行くのです。

見ていて、「違うよ~!」と声をかけると「見てた?」って感じでクルッと反対を向いて渋々共同トイレへ向かいます。(笑)

そ~いえば、最初に飼った男の子も苦労しました。

初めてのしつけでしたので、トイレノイローゼになった程です。

その点、家で生まれて育った男の子はトイレのしつけをした記憶なし。

ママ犬の匂いがする場所でしただけなのか?それとも、生まれ持ってのお利口さんだったのか?

女の子に関してはどちらのタイプの子も覚えは早かったですね。

ということは外から迎えた男の子のトイレトレーニングに苦労するという結論に至ります。

ダリルに関しての一番の悩みは恥ずかしいのですが、

・食糞

これは仔犬の頃から未だに直ってません。

器用な子で、我慢出来ずハウス内でしてしまったとしても、それは放置です。

そして、自分がしたものを踏み散らかすといった悪行もしたことは一度たりともありません。

なのに、食糞・・・。

自分がハウスでした便には興味なし。

共同トイレの便に興味があるのです。

そこでは自分のも含みます。(泣)

獣医が言うには人が嫌な気分になるだけで、ダメな事ではないといいます。

が、やはり嫌なものは嫌です。

私が最も嫌な事はハウスで排泄をすること。

それを子供たちに教えてきました。

それすら許せないのに、食べるなんて・・・。(怒)

言えば分かる子達なので、「ダリルがイタズラするからウンチする時は言いに来てね!」と声をかけるのですが、こればっかりは無理なようです。

食事の時間で大体の排便の時間はわかるので気をつけていますが、それでも常に見張っているわけにはいきません。

たま~に、ダリルにやられてしまいます。

ダリルのウンチセンサーは警察犬並に凄いんです。

寝てても鼻をヒクヒクさせてムクっと起きて共同トイレに猛ダッシュ!

ダリルを追っていくと、共同トイレには・・・あります。

アッパレですがその才能は他のところで発揮して欲しいものです。

ダリルより先に見つけて片付けてるようにはしていますし、ダリルも食べてはダメな事は理解しています。

食糞防止のサプリもあるようですが、レビューを読むとなかなか効かないようですし、このまま言い聞かせて食糞癖をやめさせたいと思います。

最近はトイレで発見しても飛びつかずに見ているだけですので、食糞癖が直るのはあと少しのような気がします。

次なる悩みは

・歯並び

顎の大きさに合わせて犬歯と犬歯の間の歯数が少ない子もいますが、ダリルは小さいながらも歯数は普通に生えていると思われます。

しか~し、乳歯が抜けない。

経験上、乳歯がポロポロと落ちる月齢があるのですが、ダリルはない。

八重てます。(泣)

 

歯

体重が少ないので全身麻酔での処置には獣医も私も気が進みません。

ですので、歯磨きしながら乳歯をグラグラ作戦で頑張って自力で抜けてくれるのを祈るばかりです。

そして、続く悩みは

・先住犬のマネをする

ですね。

先住犬たちは有難い事に骨、膝が丈夫です。

ぴょんぴょんとジャンプしまくり。

それをダリルがマネをします。

ダリルの場合は軽快に飛べないので、ジュワッチジュワッチ!と飛べないウルトラマン状態なんですけどね。

ダリル上には1.4キロの子がいます。

小さい子のお世話には慣れているつもりでした。

ダリルが体格はいいとはいえ、骨などは細いです。

現在はともかく仔犬の時期はまだ骨格も安定してない中、弾丸のように走り回るし、何をしでかすかわからないから目を離せないったら。(泣)

寝てくれると一息つけたものです。

後ろ脚で立ち、二足歩行でフラフラされるのも膝に悪いと思い、仔犬時期のハウス生活も短かったんです。

他の子は就寝時と留守番以外はフリーにしてあるので、ダリルだけずっとハウス生活させる事も出来ず、常にダリルが無茶な事をしないかとヒヤヒヤしています。

でも、日中やんちゃに遊んでも夜は自分からハウスに入り大人しく寝てくれるのはお利口さんです。

まとめ

生後3ヶ月程で我が家にやってきた、小さな男の子ダリルは来月で1歳を迎えます。

譲ってもらった仔犬で、夜泣きしない子は初めてでしたので関心しました。

おチビなダリル、末っ子ダリルとして甘やかしてるわけではないのですが、小さいがゆえに怪我をしないかと不安で目は離せません。

先住犬たちに教えたしつけは何故かダリルには通用しないんです。

ボクは可愛い!ボクは特別!

ってダリル自身が飼い主から感じとっているから、わがままというか奔放なのかもしれません。

飼い主としてはダメダメですね。

呼び戻しの練習は継続しますが、他は諦めモードです。

1匹でコロコロと遊ぶダリルは何でもおもちゃにしちゃいます。

犬用のおもちゃとは違う魅力を感じるみたいで、小さい体、顎で驚くようなものを誇らしげにくわえて引きづってきます。

掃除用にトイレに置いてあるAPDCの250mlスプレーボトルをくわえて引きっづってきたのにはびっくりさせられました。

他の子がやった事を無いことをする子なのでまだまだ目が離せません。

先住犬たちのマネでよいこともあり、家のルールは前に習えで覚えました。

私が家事などで忙しい時間は先住犬たちと大人しく寝ててくれます。

何はともあれ、病気・怪我をすることなく健やかに1歳を迎えられる事に感謝しています。

スポンサーリンク