タグ別アーカイブ: スイカ

スイカは犬に食べさせていいのか?

犬とスイカ

夏の果物と言ったらスイカですよね。

スイカを食べていると、じーーーっと愛犬からの熱視線を感じた事はありませんか?

そこで、犬にスイカをあげてよいものなのかを調べてみました。

 

犬とスイカについて

私なりに調べてみましたら、「犬にスイカを与えても良い」でした。

スイカには、

炭水化物、ビタミンA、C、カリウム、マグネシウム、モリブデンなどが含まれていますが、犬に悪い影響のある栄養分ではないため食べさせても健康上の問題はないようです。

 

犬がスイカを食べるとどんな効用が?

スイカは体を冷やす作用があり95%が水分なので散歩の後などの水分補給や夏バテ防止にもよいですね。

犬は体内でビタミンCを生成することができるようですが、食事で与えることは必ずしも無駄とは言えないそうです。

ビタミンAは特に皮膚を健康に保つのに役立ち抗酸化作用もあり。

リコピンと言えばトマトをイメージしますがスイカにも含まれているそうなんです。

スイカの赤い色はリコピンが作り出す色だったんです。

リコピンには抗酸化作用がありますので老化防止の効果あり。

脱水を起こすと水分と一緒にカリウムも失われています。

脱水を解消するには水分補給とカリウムなどの電解質の補給が必須なのだそう。

スイカにはカリウムが含まれていますので夏の水分補給やおやつとしてアリアリのようです。

スイカにはシトルリンというアミノ酸が含まれていて、シトルリンは血管を若返らせて血流を良くすると言われているんですって。

シトルリンは果実の赤い部分より白い部分に多く含まれていますので、こちらも合わせて食べさせてあげると良いみたいです。

 

スイカを犬にあげる時に注意すべき事

どんな食べ物でも食べさせ過ぎはダメです。

たくさん食べさせてしまったり、冷えたスイカはお腹をこわす可能性がるので注意が必要です。

スイカの皮や種は消化が良くないので胃腸に負担になる場合があるそう。

種は消化されずに便と一緒に体外に排出されるようですが、スイカを与える時は種にも気をつけてあげましょう。

 

まとめ

我が家では今年がワンたちのスイカ🍉デビュー。

こんなにスイカ好きだったなんてビックリしています。

マテをさせているので目が怖いです。(笑)

もっと早くあげればよかった。^^;

なぜに今年から?と自分でも不思議ですが、スイカを犬に食べさせても良いかをちゃんと調べてから与えました。

調べてみて栄養面や注意点もわかりましたので、自分達が食べる時にはワン用にも切り分けています。

種に注意が必要とありますが、人よりワンたちのスイカに神経を使い種は取り除います。(笑)

いくら欲しがるからといってもあまり与えてはません。

前歯でカジカジと可愛らしく食べる絵面を想像したのですが、実際は少しでも多く口の中に入れようとガバっとくらいついてきたのでガッカリです。(笑)

dalおちびのdalくん、大口でいっちゃいました。Σ(゚Д゚)

画像では三角スイカをあげていますが、実際は途中で取り上げています。

ワンたちは冷房で適温にしてある部屋で過ごしています。

豪快にスイカを食べさせてあげたい気持ちはありますが、小指の先くらいの大きさに切って種を全て取り除いたものを3回くらいあげる程度にしています。

甘みがあるので、殆どのワンちゃんはスイカを好むと思います。

スイカは犬に食べさせて良いとわかりましたので、スイカを食べる機会がありましたらワンちゃんにも食べさせてみてくださいね。

我が子がスイカをどんな食べ方をするのかを見るのも面白いですよ。