タグ別アーカイブ: キャンディー意味

ホワイトデーのお返しにもらって嬉しいものは何だろう!?

ホワイトデーって何?

「ホワイトデーって何?」って言われる方はまずいないと思いますが、ホワイトデーとは、バレンタインデーの1ヶ月後にバレンタインデーにチョコをくれた人へのお返しを渡す日です。

元々、諸外国にはホワイトデーという習慣は無く、近年日本で生まれた習慣です。

1980年3月14日に全国飴菓子工業協同組合がバレンタインデーのお返しに飴を贈る日として定めたのがホワイトデーの始まりだそうです。

歴史はまだ浅いですが日本では習慣として根付いているので、バレンタインデーにチョコやチョコ以外のものでも貰っていたらきちんとお返しをした方がよさそうですね。


スポンサーリンク
 

ホワイトデーのお返しには意味があった。

ホワイトデーのお返しで有名なのは、クッキー・キャンディー・マシュマロの3種類だそうです。

他にもマカロン・アクセサリーなども人気がありますよね。

偶然にも興味深い記事を目にして、初めて知った意味に驚きでした。

私だけが知らなかったことかな?(汗)

お返しするものには意味があったのです。

キャンディー : あなたに好意があります。

本命の人へはキャンディーをお返しするのが正解!

ホワイトデーを制定したのが全国飴菓子工業協同組合だから本命にはキャンディーとなったのかもしれませんね。

80年~90年代は「ホワイトデーのお返しと言えばキャンディー!」と決まっていたようで、殆どの売り場ではキャンディーが販売されていたそう。

クッキー : 友達として好きです。

意味からすると義理チョコのお返しに最適なのはクッキーですね。

義理チョコは職場や学校などでも貰う機会が多いので種類も価格も豊富なクッキーならお返しもあまり悩まなくてもよさそうです。

マシュマロ : あなたが嫌いです。

ホワイトデーのギフトでマシュマロを販売しているメーカーもありますので何も考えずにマシュマロをお返ししたことがある方もみえるのではないでしょうか?

見た目が可愛いマシュマロにあなたが嫌いです!という意味があるなんて・・・。

意味を知った後は例え義理チョコだとしても、お返しにマシュマロを選ぶのは避けるのが無難ですね。

少し前に人気のあったギモーヴ。ギモーヴはフルーツピューレにゼラチンを加えて固めたものです。ギモーヴはマシュマロと認識されている方も多いと思うのでギモーヴも避けるのが無難ですね。

相手の好みをよく知っていて、相手が望むものであれば何をあげても問題はありませんが義理チョコのお返しや興味のない方へのお返しはクッキーが一番適しているのかもしれません。

 

女子が喜ぶスイーツトップ10

本命・義理・友・感謝と色んなカタチのチョコレートを渡したと思います。

お返しを特に期待しているわけではありませんが、やはり頂けると嬉しいものです。

20代~40代の女性1000人を対象に行ったアンケートをもとに発表した「ホワイトデーにもらってうれしいスイーツブランド トップ10」という記事をを見つけましたので紹介しますね。
ホワイトデーのお返しに!女子が喜ぶスイーツブランドランキング トップ10

第1位 ゴディバ

Godiva

画像出典 : GODIVA HP

本場ベルギーの老舗ブランドで高級チョコレートの代名詞とも言える存在です。定番ですが必ず喜ばれる一品です。

第2位 キル フェボン
日本で人気のタルト屋さんで、多くの女性が一度は食べていたいと思っているはず。旬のフルーツをたっぷり使った季節のフルーツタルトは、季節を感じさせてくれる絶品です。

第3位 ピエール・エルメ・パリ

マカロン画像出典 : pierreheme.co.jp

フランス生まれのブランドで、世界中のスイーツファンから注目されています。マカロンが人気。カラフルなマカロンを嫌いな女性はいません。

第4位 ピエール・マルコリーニ

ピエールマルコリーニ

画像出典 : CCC オンラインショッピング

ベルギー発祥の、最高級チョコレートの専門店です。銀座などに店舗をもち、チョコレート自体見た目もとってもお洒落になっています。喜ばれること間違いなし。

第5位 パティスリー・キハチ
百貨店などで出会うことも多いのではないでしょうか?旬のフルーツや食材を使った洋菓子はどれもたまらなくおいしいです。

第6位 トシ・ヨロイヅカ
メディアなどに露出することも多い鎧塚俊彦さんがシェフを勤めています。ヨーロッパ諸国で修行をした鎧塚俊彦さんが手がけるスイーツはどれも絶品。見た目も美しいです。

第7位 アンリ・シャルパンティエ
芦屋で誕生した「アンリ・シャルパンティエ」。街の小さな喫茶店として生まれたアンリ・シャルパンティエですが、今やその名を全国区にとどろかせています。ケーキや焼き菓子など種類も豊富。

第8位 デメル

デメル画像出典 : demel.co.jp

オーストリア発祥のカフェ、洋菓子店です。地元の人にも愛される名店で、日本でも百貨店のいわゆる“デパ地下”に入っています。パッケージもかわいいデメルは女性ウケ抜群。チョコレートの味が濃厚なザッハトルテが人気商品のひとつです。

第9位 モンサンクレール
自由が丘にあるフランス菓子のお店で、テレビなどメディアでも紹介されることの多いパティシエ「辻口博啓」さんのお店。素材の味をいかした絶品ケーキが並んでいます。甘いものが得意じゃない相手にも喜ばれるんだとか。

第10位 ラ・メゾン・デュ・ショコラ
パリで誕生した高級チョコレート専門店です。とにかく繊細な味わい、そしてなめらかな口どけが魅力。チョコ好きなら喜ぶこと間違いなしなブランドです。

retrip.jp
RETRIP 2017年2月25日 記事より引用

記事を引用させて頂きましたが、上記のスイーツが人気のようです。

有名パティシエのお店以外はデパ地下で購入しやすいので、お返しに何を選ぼうと悩んでいる男性のみなさま、参考にしてくださったら幸いです。


スポンサーリンク
 

まとめ

ホワイトデーのお返しといえば「キャンディー」がデフォでしたが変わってきました。

女性が貰って嬉しいものにキャンディーもクッキーも入っていませんね。

TVをみていましたらホワイトデーの特集に和菓子メーカーさんが。

ほわいと ⇒ ほ和いと

と和菓子推しです。(笑)

数年前から和菓子メーカーさんもバレンタインデーの商品を販売していましたよね。

チョコに限らず甘いものが苦手な男性は多いので、チョコよりかは和菓子だったり、ハート型のかまぼこだったりと何でもありのような・・・。

和菓子と言えば、私、どらやきが大好きなんです。

一番好きなのは、亀十さんのどらやきです。

亀十画像出典 : asakusa-noren.ne.jp

直径10㎝はあったのではないでしょうか?パンケーキのようなふわふわの皮の大ファンに。私の中で亀十を超えるどらやきはないと思っています。

一目見て、デカッ!美味しそう!とは思いますが、可愛い~とは言えないかも。

でも、私はどらやきをホワイトデーのお返しに頂いたら超嬉しいですが、10代の女の子に、「これ、美味しいから食べて。」と普通の紙袋に入った和菓子を渡したとします。

どよーーーんと凹むと思います。

ちょっと話がそれた感がありますが、やはり美味しいだけではなく可愛さも重要かも。(汗)

何をホワイトデーにお返ししようかと悩んでいる男性は多いはず!

相手に聞くことが可能な距離といおうか関係であれば何が欲しいかを聞いてみるのもありですよね。

何が欲しい!と事前に聞いてくれたら、トップ10入りしているチョコやマカロン、好きな物を伝えることができるのに・・・。

キャンディーやクッキーには意味がありましたが、贈る方も貰う方もモノの意味をあまり深く考えてはいないと思います。

もらえるものが何であろうと気持ちは有り難く受け取りたいですね。


スポンサーリンク