美味しいチョコレートに偶然出会った。その製造元にビックリ!!

美味しいチョコレートとの出会い。

家族が会社から持ち帰ってくる「お土産」ってたま~にありますよね。
先日、妹がお客さんから頂いたとかで、あるモノを持ち帰ってきました。チョコレートです!
課で分けて食べるのも面倒ってことで、妹が頂いてきたそうなんです。
そのチョコレート、見た目で日本製ではないと思いましたので、箱のチェックもラベルのチェックもしませんでした。
長ーい長方形のシンプルで頑丈な化粧箱。
箱を開けると、2パックに分けられた板チョコ。
板チョコならではのシンプルな美しさはありますが、可愛いとは言えませんね。
お土産でもデパート、TV、雑誌などで見かけたことのある有名なチョコレートブランドであれば食べる前から身構えて頂きますが、初めてみる箱の形でしたので会社のお客さんが研修で海外に行った際の滞在した町の無名のチョコレートだと思い込んでいたのです。
偏見になりますが、海外のお土産のチョコレートはたま~に、匂いや味が独特なものがありますよね。(汗)
そのチョコレートは、とにかく大きくて分厚いチョコレート。インパクト大です。
封をきると、とてもいい香り。
そして初めて見るチョコレートの分厚さ。割るのに一苦労でした。
ひとかけらを口に入れると、何ということでしょう。
想像していた味とは全然違ったんです。
口当たりがまろかやでミルク感が強く、とってもリッチなお味。
味とチョコレートの厚みは関係があったのですね。
絶品です。
かなりの量がありましたが、数日で食べきってしまいました。
美味しいチョコレートをここまで贅沢に食べたのは初めてでした。(笑)

スポンサーリンク

 

美味しいチョコレートは国民的駄菓子を作っているあのメーカーだった。

お土産のチョコレートを食べきり、数日たったころに大後悔。
今はほぼ何でもネットで手に入れられる事が出来るのにチョコレートの販売元を見ることをしなかった。(泣)
そしてダメ元で調べてみることにしました。
化粧箱やチョコレートの形状からして海外のチョコレートだと思い込んでいましたが箱裏のラベルが日本語だけだったような気がしたので、
「日本製、板チョコ、美味しい」
のキーワードで調べてみました。
うろ覚えのある、化粧箱、チョコレートの形がすぐに見つかりました。

えーーーーーー!!驚きでした。

ブラックサンダー画像出典 : 楽天市場 有楽製菓 iー ショップ

” ブラックサンダー ” で有名な会社が販売元!?
もう、びっくりです。
私が出会った美味しいチョコレートは「有楽製菓株式会社」の商品でした。

 

「デラックスミルクチョコレート」の紹介

有楽製菓のHPをさっそくチェックです。
有名なブラックサンダーなどの商品がズラーッと並ぶ中、高級チョコレートのカテゴリーがありました。
商品名は「デラックスミルクチョコレート」です。
画像で紹介しますね。

DX画像出典 : 楽天市場 有楽製菓 iー ショップ

DX説明画像出典 : 楽天市場 有楽製菓 iー ショップ

良質な材料を厳選し特殊製法で時間をかけて丁寧に作られたこだわりのチョコレートなのですね。

「デラックスミルクチョコレート」は、流通経費を抑えるために工場からの直接販売となっており市販はしてないそうです。
10月上旬より翌年3月末頃迄で売切れ次第終了とのこと。
私は有楽製菓の楽天市場店から注文しました。
コーヒータイムがチョコレートで至福の時間となるのが楽しみです。

スポンサーリンク

 

まとめ

美味しいチョコレートはメディアの情報やデパート、店舗だけで購入できるものではないのですね。
有楽の「デラックスミルクチョコレート」は口コミで美味しさが広がったそうです。
年に一回のバレンタインデーに自分用に高級チョコレートもいいですが、できれば普段にも特別な美味しいチョコレートを食べたいですよね。でも、なかなか自分や家族用としてストックしておくのは難しいところです。

「デラックスミルクチョコレート」であれば美味しさも価格も大満足。
有楽の「デラックスミルクチョコレート」はミルクチョコレートが好みな方にはおすすめです。
お友達にお持たせしても喜ばれると思いますよ。
「デラックスミルクチョコレート」は期間限定で売り切れ次第終了とのことですので食べられる期間は限られてしまいますが、その期間限定を今年から毎年の楽しみにしたいと思います。
有楽製菓、ブラックサンダーの販売元が「デラックスミルクチョコレート」を出していることはチョコ通の方でなくともみなさんが知っていたことかもしれませんね。
私が今年出会った美味しいチョコレートという程で読んでくださるとうれしいです。

有楽製菓「デラックスミルクチョコレート」

価格:820円
(2017/1/19 21:48時点)

 近年のバレンタインデーはジェンダーレスな記念日となりつつあるようですね。
そして、いろいろ見ていたら「感謝チョコ」という文字が目に止まりました。
恥ずかしながら初めて知ったワードです。
義理 ⇒ 感謝 に変えるだけで不思議と心持ちが違ってきます。
性別に関係なくチョコレートに感謝の気持ちを込めて贈ることは素敵ですよね。
今年からは「義理チョコ」ではなく「感謝チョコ」で周りの人に気持ちを伝えるのもいいですね。

スポンサーリンク