膝上のお肉が大変な事になっている。今からでも遅くない。たるんだお肉をやっつける方法とは

見て見ぬふりをしてきた膝の上のお肉が大変なことになっていた。

膝のお皿の上にのっかってる!?内側のお肉も摘めるんですけど~!

部分痩せの中でも特に難しいと聞いている膝だけに、どうしたらいいのでしょうか。

スカートを履いた時、膝丈のブーツを履いた時が特に気になります。

バランスの良い体型でいたい。すっきりした綺麗な膝が欲しい~。

これはなんとかしなければ!

気にすると、すぐに情報は目に止まります。気になっていたのは私だけではなくホッとしました。

何やら肉がつきやすい理由が何点かあるようです。

 

筋肉不足や運動不足

もともと日本人は筋肉が付きにくい体質。運動不足のまま年齢を重ねると筋肉量はだんだん落ちてきます。

それで、太ももの筋肉が落ちると脂肪を支える事が出来ず、脂肪が垂れ下がり膝に乗ってしまいます。

なるほど・・・ 。

 

歩き方姿勢の悪さ

膝をまげたまま歩くような癖も太ももの筋肉を怠けさせてしまう原因。

膝や腰が痛く、筋肉不足で歩くのが辛いと無意識のうちに膝をまげて歩いてしまうので要注意です。

ハイヒールを履いた時、自然と膝が曲がっていることもあるため、自分の姿勢や歩き方を観察してみることも大事なんですね。

姿勢や歩き方の悪さを気づかないでいると、知らず知らずのうちに太ももの筋肉が衰え、垂れたお肉が膝に乗ってしまっているというしくみだったのです。

体の中の水分や老廃物を運ぶリンパ液は、体の中を一周しながら老廃物を回収し、最後に鎖骨付近にある出口に向かいます。

それが、筋肉が少ないとリンパ液を押し上げることが出来ずに下半身にたまって、むくみとなります。

その、むくみを放っておくと、老廃物と脂肪が複雑に重なりあって、固くなりセルライトに変化します。

セルライトは脂肪の一種なのですが、老廃物とくっつくと、とても硬くなり運動しただけではなかなか落ちなくなってしまいます。(汗)

膝のお肉をギュッとつまんでみて、ボコボコとしているものがあれば、それが、セルライト!です。

また、年齢を重ねて膝周辺の皮膚のハリ、弾力が無くなってくるとたるみとなります。

ならば、このセルライトやたるみはどうすればなくなるのか?

 

即効性があるのは、ストレッチや筋トレ!です。

太ももを鍛えることで膝にのっかったお肉を元の位置に戻し、すっきりした膝が戻ってくるかも!?

ストレッチにより、硬くなった筋肉を伸ばして弾力性や柔軟性を取り戻し、質の良い筋肉に変化します。

さらに、筋肉を柔らかくすると今まで硬くなった筋肉に圧迫されていた血液やリンパの流れを正常に戻し、冷え性やむくみの予防にもなります。

 

【膝に効くストレッチ!】

・ 正座をして、背中が床につくまでゆっくりと倒して仰向けになります。深呼吸をしながら1分を3セット。
・ 仰向けに寝転び、足をまっすぐに床から5~10センチ程度上げ、そのまま15秒キープ。5回で1セット。
・ うつ伏せに寝て、両足をバタバタさせてお尻を叩くような動作を繰り返すのを30~100回。

上記のストレッチなら、続けられそう。

日頃の過ごし方の悪い癖が、歩き方や姿勢の悪さの原因となるので、斜めに座ったり、背中を丸めているのが癖になっていると、筋肉が衰え骨も歪んで正しい姿勢を保つのが苦しくなります。

自分では癖はわからず、なかなか治らないものですが、正しい姿勢を覚えることが大事ですね。

肩こりや腰痛などの体の痛みをかばうために姿勢が悪くなってる場合もあるそう。

膝に付いたお肉はなかなか落ちないのですね。(泣)

気長に自分ペースで頑張り、年齢に負けないバランスのとれた綺麗な脚、膝を手に入れたいです。

こうして美容についていろいろ勉強してみると、一つ共通してでてくることがあります。

それは、運動して筋肉をつける。ということです。

運動することを習慣づけることが、今やるべき一番のことになりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です