女性の髪は35歳から加齢・女性ホルモン・生活習慣等が原因で変化していた

スタイルがきまらない。触った感じが前と違う。あれ!?髪質が変わった?

私、恥ずかしながら忙しさにかまけて自分磨きを何十年と怠ってました。

気が付けば、アラフォー。 体もお肌も髪もお悩みだらけ。

今回は髪についてお話したいと思います。

私は、ずーっとロングヘアなんですが、髪が細くなり、抜け毛が増え、そして、後頭部のつむじのパッカリ割れが悩み。

で、何をするか? まず、原因を知ることですね。

調べてみたら、深すぎる。難しい~。

髪は年齢を重ねるごとに髪質が変化していき、特に20代が髪の毛の成長のピークと言われていますが、
男女では髪の年齢のピークは異なるそうです。

男性  :  20歳~25歳
女性  :  20歳~30歳

女性は35歳を超えた辺りから髪質の変化が見られるらしいです。

加齢により髪質が変化するのは頭皮のエイジングやホルモンバランスが原因。

年齢と共にだんだん頭皮にたるみが生じるため、毛穴が歪んでしまうみたい。

・ハリ・コシが無くなる。
・クセが出やすくチリチリになったりする。
・髪がベタつき毛穴が詰まって抜け毛が増える。
・一つの毛穴から生える髪の毛の数が減る。
・髪の成長が遅くなりボリュームが出なくなる。

またまた35歳なのですが、35歳くらいから女性ホルモンエストロゲンの減少によって、
髪がうねったり、パサついたり、ツヤがなくなったり、抜け毛が増えるなどの変化も。

女性ホルモンですか~!!

女性の髪の毛が薄くなってしまう原因は、ホルモンバランスの崩れが大きく関係してくるよう。

その女性ホルモンの分泌を正常に戻すためには、十分な睡眠とストレスを減らす生活習慣の改善が必要なんですって。

う~ん、納得。

十分な睡眠は取れず、ストレスにまみれてました。

不規則な生活では、健全な育毛がおこなわれず、 育毛に一番大切な成長ホルモンは夜の10時~深夜2時の間に分泌されるそう。

就寝は0時過ぎで、寝付けない日は2時を過ぎてるかも。

でも、10時は寝れないですよ~。

髪のお悩み原因は、加齢・女性ホルモン・生活習慣ですね。

調べ進めてると、育毛剤、シャンプー、シャンプー方法、食品と今の私に必要なものが沢山でてきました。

製品については、気軽に行けるストアー、、デパート、美容サロン、ネッット販売のみのものまで数多く、価格も幅広く、出回っていると思います。そこから自分に合うものを見つけるのは難しい~。

健康で若々しく歳を重ねるのには、かなりの改善と努力が必要なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です