寝姿勢と体の痛みと枕は関係していた

肩が、腰が、首が痛い。いつもどこかしらの調子が悪い。

最近は、悩みばかり。

というより、何十年か抱えている痛みの悩みなんですが。

私、持病で腰痛も持ってまして、日々の生活には注意してます。

くしゃみや冷えにも要注意です。

特に、くしゃみは危険!

何かにつかまってくしゃみをしないとギックリ腰になる可能性大です。

痛みがあると、動きもそうですが大切な

【寝る】

のに一苦労。

寝る体勢をとるのが難しいんです。

私の場合、腰が痛い時、仰向けに寝ると、腰が伸び~る感じになり痛みが増します。

横向きだと足の曲げる角度が変えられるので、腰に負担がない自分が楽な状態にできます。

腰痛がある時は横向き寝ですね。

仰向けで寝れるようになると回復を感じます。

睡眠は大事なのに、痛みで目が覚め、夜中に何度も体勢を変えます。

眠りが浅く慢性的な睡眠不足に陥ります。

熟睡をしてみたい~。

 

数日前に突然の首筋と肩こりが発症。原因が思い浮かばない~!

右側なのですが、耳の後ろから

つーーーーーっと、何とも言えない痛みに耐えてたら頭痛も出てきて、もう、最悪 (泣)

頭をタテにしてても、横になってもしんどい。

ど~にも、辛すぎるので、いつもお世話になってる整体で診てもらいましたが、

首筋から肩にかけて炎症はみられたようですが、体を整えて頂いても、パッと痛みは消えず。

でも、診ていただいたので精神的には安心できました。

その夜は、どんな体勢をとっても辛く、寝付けないから、

「首筋、肩こり、痛み、上手な寝方」

で、お決まりの検索。 、

仰向けで大の字になって寝るのが、首や肩に負担がかからないみたいです。

・理想的な寝姿勢は立ったままの姿を90度横ににした状態がベスト。
・寝ている時も背骨と首が真っ直ぐであれば、負担は少ない。
・大きな枕。
・枕は低すぎず高すぎず。
・頭と首元の間に隙間を作らない。
・顎がやや上がった状態。

痛みがある時は、画面をみるのもつらいのですが、何とか楽に寝れる方法はないかと探して読みました。

寝姿勢も大事ですが、枕も鍵のようですね。

敷寝具とのバランスも重要な要素みたいです。

今までは、腰や肩こりなどで痛みがあっても、なんとなく自分が楽なように寝ていただけでした。

枕やマットレスのチョイスで、痛みも緩和、予防でき、憧れの【 熟睡 】が手に入るわけなんですね。

でも、自分に合う寝具を選び、見つけるのは、お金も時間もかかりそう。

それでも、これからの自分の健康の為に自分に合う、

【 枕 】、【 マットレス 】

を見つけて行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です