ポケコロ【イベント】ダンサニアイルミネーションの結果報告。

ポケコロ【イベント】ダンサニアイルミネーション終了後のアイテム入手結果報告!

長いようで短かったダンサニアイルミネーションのイベントが終了しました。

イルミ01

画像出典  :  ポケコロSS

イルミ02画像出典  :  ポケコロSS

結果は、んーーーーー。

微妙な感じ。

交換アイテム、SR降り注ぐ虹色の雪は出ませんでした。

欲しかったアイテムだけに残念です。

ノーマルなのに降り注ぐ白い雪すら出なくて・・・(泣)

イベントの半ばあたりで追加された「ルミナスナイトデート」については、4個中、2個もSRが出たので満足しなければいけないところですが、やはり微妙な心境。

そして、ランキングは、ドナの力を借りて見事、ランクインしました。(拍手)

ポケコロ【イベント】ダンサニアイルミネーションについては、「ポケコロ【イベント】ダンサニアイルミネーションが開催~!」と「ポケコロ【イベント】ダンサニアイルミネーションの中間報告~!」にも書いてますのでよかったら読んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

「ダンサニアイルミネーションイベント」で入手できたアイテムはコレ!

イベント開始からあった交換アイテム28種類中、SRは出ず、Rは入手、Nはバラバラで8個のアイテムが入手できませんでした。

追加アイテムがなければ、その分、戴冠のきらめきが使えたのでひょっとしたらコンプリートできていたかもしれません。

ノーマルといえど、壁は壁、でないかもしれない!と言っていましたが、「壁」、でました。(驚)

追加されたアイテム、「ルミナスナイトデート」の結果は、こちら ↓

ルミナスナイト画像出典  :  ポケコロSS

見事、をゲットできました。(泣)

ずっと欲しかったアイテムなのでとても嬉しいです。

これが、SRでもヘアとアイだったら、凹んでたと思います。

↑ の画像で、戴冠のきらめき50個所持とわかると思います。

戴冠のきらめき2個でアイテムの交換ができるので、25回交換できるわけです。

このアイテム、全部揃うまでかぶりなし!なんですが、私、2年前にこのガチャがリリースされた時に少し回してたんです。

所持済はかぶらないと勝手に思い込んでました・・・(泣)

所持済がかぶるのでドン引きです。

ハラハラしましたが、25回と回数が決められてた中で、木と壁が出たのは奇跡です。

イベント運がない私なのに、本当に奇跡です!

運営さんに広い心があり、過去に所持した分がダブらなければルミナスナイトデートもひょっとしたらコンプリートができていたかもしれません。(汗)

文句を言わずに満足しなければいけませんね。

 

ランキング入りでいただいた魅惑的なアイ

イベント終了の前夜にアイテムを交換したのですがその段階では1000位以内に入れていたので翌日の終了時間が近づくと、皆さんがラストスパートをかけるかも!?とドキドキしながら画面をチェックしまくりでした。

ランキング画像出典  :  ポケコロSS(イベント終了、1分前のランキング)

10時30分に終了し、その日の夕方にフィリップ王子(運営さん)から「シャンパンゴールドアイ」を贈るよ!とトークがあったのでホッとしました。

なんと、582位でした。

自分のお部屋にフィリップ王子も欲しかったのですが、300位以内に入るにはまだまだドナと運が必要でした。

頂けたアイはコレ。そして、お部屋はこんな感じです。

お部屋とおめめ画像出典  :  ポケコロSS

シャンパンゴールドアイと、壁も入手で満足。

ゴールドのアイは珍しいので本当に嬉しい。魅惑的でもあり神秘的でもあり素敵です。

インテリアは全部揃わなかったのでこのガチャのお部屋としてはコンプリートルームではないのですが、壁と床だけでもインパクトがあり完成度が高いですね。

未所持のインテリアは交換で手に入れることができたらいいなと思っています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

何度もイベントに参加していますが、私の場合はイベントでアイテムを入手しようと思ったらドナが必要です。(泣)

苦労や焦りもなく数回でお目当てのアイテムを入手できる無課金のユーザーさんもたくさんみえるとも思います。

自分がどこまで望むか?そこが問題です。

欲しいものは欲しいし、懐事情もあります。

最終的には自分との闘いですね。

イベントは気楽に楽しみたいですが、なかなか難しいです。

ダンサニアイルミネーションイベは終わりましたが、「クリスマスギフトを贈ってみよう!」と「ポケコレ」が開催中です。

クリスマスのイベント続きで色んな意味でかなりお疲れであります。

友さんも「時間がない~。疲れる~。」と泣いてました。

クリスマスギフトを贈ってみよう!についてはまた次の機会にふれてみたいと思います。

 

スポンサーリンク