健康長寿につながる食事を知る

百寿者の食事内容を知ることで自分の食生活を考える

百寿者とは健康長寿のシンボルともいえる100歳以上の高齢者のことです。

ほとんどの家庭では、朝、テレビがついていれば決まった番組をみてると思います。
今日、またまたテレビで興味深い情報を得ました。

それは、100歳を超えてる方の食生活でした。

本当にビックリでした。

 

101歳の女性(製造・販売業)の場合

旦那さんと一緒に開店したお店の跡を継ぎ、女手一つで子供を2人を育て、現在は息子さんとお孫さんとで営業。

体の動きもよく、頭の回転も早くお釣りの計算もバッチリ。

お店に立つのは80年だそうです。

年齢的な事もあり、お店に立たないとお買い物にくるお客さんが心配されるそうで、今でも元気に働いてらっしゃるそう。

1日の労働時間はなんと8時間だそうです。ビックリです。

 

そのパワフルな女性はしっかりと食事をし、食事量もすごかった。

■  ある日の朝ご飯
・ 茶碗一杯のご飯
・ 鶏肉と大根の煮物
・ かぼちゃの煮物
・ 味噌汁(具沢山)

■  ある日の昼ご飯
・ 丼ごはん
・ 秋刀魚の塩焼き(1尾)
・ 大根おろし
・ 味噌汁(具沢山)
・ きのこ炒め
・ 煮豆
・ きゅうりの酢の物

すみません。夜ご飯は覚えきれませんでした。(汗)

 

健康の秘訣は味噌!

ご長寿さんの三食には必ず味噌汁がありました。

毎食の味噌汁にかかさない事は、 煮干のだし 野菜を沢山薄味だそうです。

あと、夕食前に毎日必ずワインを一杯飲むそう。

 

99歳男性(ゴルファー)の場合

この男性は食へのこだわりがあるそうです。

■ ある日の一食のメニュー
・ サーロインステーキ
・ コーンポタージュ
・ サーモンのマリネ
・ ライス(中)
・ 果物(メロン)

1日おきに好物の牛肉、サーロインステーキやすき焼きなどを食べ、食べない日はうなぎやお寿司を食べるそうでう。

肉の他にも野菜も沢山食べていました。メロンも大好物だそう。

好きな食べ物を好きなだけ食べても、健康長寿にはつながらないのでは?と単純に思いますよね?

専門家の見解では、動物性タンパクを多く摂取し過ぎてるけど、バランスよく食べているし、運動をしているので大丈夫なんですって。

 

百寿者の食事・生活を知ろう

年を重ねると、食も細くなり、油ものは避けたくなるし、動くのもおっくうになりがち。

今日紹介された、ご長寿のお2人は全然違います。

食べる量がハンパなく多く、動きまくってました。

食べる事が大事なのはわかってますが、なかなか品数を揃え食べるのは難しいです。

お2人とも食事は自炊ではなく、作ってもらっていましたが、それでも、食べる意欲が凄い。

ここから、見えてくることがあります。

 

減塩・食のバランス・運動の3ポイント

この3つのポイントをおさえておきたいところです。

そこで、今から取り入れたい一品に、味噌汁を挙げたいのですが、そのもとの味噌について紹介します。

味噌とは、大豆や米、麦などを蒸したものに食塩と麹を混ぜて発酵させた調味料の事です。

日本食の定番料理である「味噌汁」は、味噌を使った最もポピュラーな料理で、日本の食卓には欠かせない存在です。

味噌は医者いらず」という言い伝えがあるそうです。

昔から味噌にまつわることわざがたくさんあり、味噌と健康を結びつけたものが少なくありません。

昔の人は、経験的に味噌の高い栄養価を知っていたんですね。

現在、味噌は栄養学や医学の面からさまざまな研究が進められ、その成果も次々と発表されているようです。

味噌には、4つの効果が期待されます。

・老化防止
味噌に含まれるビタミンE、ダイゼイン、サポニン、褐色色素などには、体内の酸化を防止する作用があります。
老化というのは全身の組織や機能の衰えと、細胞レベルのものがありますが、血管や体細胞、脳細胞に過酸化物質が増えると老化が促進されます。
細胞を若々しく保つためには、この物質をためないことが大切なのだそうです。

・消化促進
味噌のタンパク質は発酵過程で20~40%ほどが分解されてアミノ酸化しています。
本来消化吸収に時間のかかるタンパク質の中では消化吸収の良い形になっているのです。さらに味噌の中には活性度の高い消化酵素もたくさん含まれているため、他の食品の消化吸収を助ける働きをしてくれます。

・整腸作用
味噌の中に含まれる植物繊維は、腸の掃除をしてくれます。
味噌に含まれる微生物は腸内の腐敗菌や有害物を体外に送り出してくれるのです。毎日みそ汁を飲むことにより、腸が掃除され、体調を整えることができるそうです。

・美肌効果
メラニンの合成を抑えシミ・ソバカスを防ぐ働きがあり。
メラニンとは皮膚や毛髪の色を決める物質で紫外線の刺激に反応してシミ・ソバカスが出来ます。味噌に含まれる遊離リノ-ル産にはメラニンの合成を抑える働きによって美肌効果があります。

他にも生活習慣病にも効果があるようですが、上記の事だけでも十分なくらい。

健康味噌汁を作る際には、 濃いめにだしをとる事と沢山の野菜を入れる事で減塩にすることが大事です。

味噌汁の具にカリウムを多く含む緑黄色野菜や芋類、海藻類のワカメなどを組み合わせる事でナトリウムの摂取を抑える事ができるそう。

百寿者さんに見習い、バランスの取れた食事、運動を心掛けたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です