生米が冷凍保存できる!という目から鱗の情報入手。

お米の保存方法は重要です!

この夏、お米問題には悩まされました。

長年、お米を炊いてますが、美味しく炊けない!と悩んだのは初めてです。

偶然にもテレビでお米情報を見たり、いろいろ調べて、

そして、

生米冷凍保存可能と知りました。

あまり知られていないであろう冷凍保存は常温や野菜室保管と違い、とぎ方や炊き方が特殊なのでは?

冷凍するメリットは、外気に触れないので湿度変化の影響を受けずに、おいしく保つことができる。

半信半疑な生米の冷凍ですが、メリットを知れば頷けます。

冷凍保存で気を付ける事の一つは臭い対策。冷凍庫に入っている食材の臭いがお米に移り、ご飯を炊いたときに臭いが気になる場合があるので注意が必要です。

二つ目は密封がポイント。冷凍庫に生米を入れる際は、しっかりと密閉できる袋かペットボトルに小分けしての保存がベストです。

ペットボトルは、2リットルの大きなサイズよりも350mlや500mlほどの小さなサイズに細かく分けて保存すると、使い切るまで冷凍庫から出したり仕まったりする回数が少なくなるので、乾燥をできるだけ防ぐことができます。

空気をできる限り抜くのが大事。

空気が含まれていると冷やされた空気が水滴になり、生米に影響を与えてしまいます。

冷凍したお米は解凍不要。

そのまま洗米して炊飯器に入れてOK。

注意として、早炊きモードは使わず通常モードで炊くようにします。

早炊きすると急激に火が入るため、お米が割れてしまうことがあります。

生米を冷凍しても、特別な解凍、とぎ方、炊き方をしなくても、通常、いつもと同じ方法でよいのですね。

野菜室に空きがない場合、冷凍庫でも生米が保存できるのは有難い情報です。

冷蔵庫はお米に占領されてしまい厳しくなりますが、上記の点に注意すれば夏場も美味しく白ご飯が頂けます。

現在、密封袋に入った生米2合が冷凍庫に入っています。「生米の冷凍保存は可能で美味しいのか?」という実験も兼ねているので、とりあえず2合にしました。冷凍庫にあるわけですので、触ると冷たいのですが、見た目は、常温の時のお米と何ら変わりはありません。

冷凍は日持ちする!が頭にあるので、先に、野菜室の方のお米を使ってしまい、なかなか冷凍生米の出番がきません。この際ですので、野菜室のお米を食べ終えてから、冷凍の生米を食してみようと思います。

冷凍保存が、野菜室保存より美味しいと感じることができたら、色の白さが際立つ、柔らかく粘りがあり、香りの豊かなご飯がいつもいただげますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です