秋冬の靴=シープスキンブーツと連想する程の活躍

ムートンブーツの予約を考えなくてはならない時期になりました。

まだまだ暑いですが、ムートンブーツの購入を考えなくては、いや、予約しないとダメです。

アウターやボトムに比べ、入手困難なのがブーツ。

秋服物の買い物に出掛けたら、何より先に決めるのはシューズ。

入荷待ちになってしまいます。

ヒールが大好きなのですが、一度その履き心地と暖かさをしってしまったら、もう、ダメです。

 

スポンサーリンク

 

ムートンブーツ命

秋冬のお出かけといったら、場違いな時以外はムートンブーツを履いてます。

カジュアルコーデが多いので、ムートンブーツは私のかかせない必須アイテム。

ブーツの丈やカラーが豊富なのも魅力ですが、無難でコーデしやすいカラーのブラックとサンドをリピートして購入してしまいます。

一度、購入すると3年は履けそうですが、やはり、型崩れのしていない新品をシーズン初めに履きたいですよね。

ムートンブーツといえば、2つのブランドが思い浮かびます。アグとエミューです。

2足を履き比べできれば、購入もしやすいのですが、なかなか難しい。

求めていたカラーのサイズがなかったり。

サイズが合ってないと試し履きもできないし、自分が履いた時のカラーのイメージも掴みにくいですよね。

 

スポンサーリンク

 

アグとエミューのシープスキンブーツはやっぱり人気

両者の違いは何?

・ アグ   :   すっきりスマートなフォルムでシャープ

・ エミュー   :   太めでずんぐりでキュート

ブーツの内側のボアは、アグはふんわりで柔らかい感触で、エミューはボリューミーでしっかりした感触。

重さに関しては、アグはソフトで軽く、エミューはしっかりで重めです。

エミューはゴム製アウトソールで二重構造な為、重めですが耐久性かあり、滑り止めにもなります。

暖かさは大差なし。

エミューは撥水加工してありますが、アグはしてありません。防水スプレーが必要です。

私の場合、ロング丈は足に沿うアグを、ショート丈はエミューです。

歩道の凍結や、雪が積もったりという、悪条件の日はエミューがお役立ちだと思います。

履きやすさでいったら、断然ショート丈になりますが、暖かさからいったらロング。

ケースバイケースで履き分けるのがベストですね。

(個人的な意見)
UGGとは、もともとシープスキンで作られたブーツを指す、一般名詞 として使われている言葉。

アグの創設者がアメリカで事業を始める際に、UGGという言葉の商標権を獲得したそうです。

アメリカブランドとして誕生、その後、生産コスト削減などから、エミューというのブランドが出来たみたいです。

深い歴史があるのでしょうが、そこは・・・。

アグが親でエミューが子という理解でいいのでしょうか?(汗)

価格やデザイン、構造に違いはありますが、どちらも魅力的なことには変わりありません。
なぜ、まだ、暑いこの時期に予約しなければならないのか!?

サイズがなくなるからです。

日本女性の平均的な足のサイズは、23.5センチぐらいでむくみを計算して少し大きめを選ぶはず。

23センチ~24センチは売り切れないと私的には思うのですが、違うんですかね。

売り切れ、入荷待ちになってしまうのは何故なんでしょうか?

謎です。

今季は、トレンドカラーでもあるグレーで、ミニ丈のブーツの購入を考えてます。

急がなくちゃ~!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です