愛犬の食欲のムラに悩む飼い主さんは以外に多い?

愛犬がある日突然、ドッグフードを食べなくなってしまった!?

最近、家から巣立った仔犬の飼い主さんに会い悩みを聞きました。

それは、ドッグフードを食べてくれない!って事。

家に居た時はペロッと完食して、「おかわり下さい!」目線を飛ばしてたくらいです。

何が原因でドッグフードを食べないのか?不思議でなりません。

 

多頭飼いのうちのワンコの食欲はガツガツです!

うちの子の場合はガツガツとよく食べてくれます。

早く下さい

<早く、下さい!状態のところをパシャっ>

季節の変わりめや長めの留守番で強いストレスを感じた時などは、見た目からしていつもとは感じが違いますので無理には食べさせませんが、だいたいの子は次の食事はガツガツと食べます。とても安心しますね。

THE 虎舞竜のロードじゃないですが、何でもない事が幸せ!愛犬が普通にフードを食べてくれることは、飼い主にとっては幸せなことなんです。

ワンコ達の腹時計は正確で時間が近づくと、私の視界に入り、「早く用意して~」とばかりに私を穴があくくらい見つめてきます(笑)

お産の日でも食欲を無くす事もなく普通に食べるくらいです。

1頭だけ、ヒートがくると食欲がなくなる子がいます。

それはわかっていることなので慌てたりはしませんが、いつもガツガツ食べる子が、「いらない!」って感じで部屋の隅の方でおすわりをしてるのをみるのは悲しいです。

気分か悪い時にフードの匂いを嗅ぐのは嫌かもしれませんが、空腹に耐えかねて次の食事時に食べてくれるとホッとします。

ですので、食べない子を持つ飼い主さんの気持ちもよくわかります。

食べない理由がはっきりとわかっていれば、愛犬の食事の時間にモヤモヤワサワサと心を痛め不安になることは半減されますね。

 

スポンサーリンク

 

フードを食べない理由またはキッカケを考えてみる!

記事上に書きましたが、うちから巣立った子が食べなくなった理由を聞いたところ、多分、薬だと言っていました。

避妊手術の術後に処方された薬をフードに入れてあげてしまったそうです。

その薬が不味かったのか、それ以来、警戒して、少し口にくわえてはテーブルの下に隠れて食べたりしてたそう。

それでも、食べてた時はまだましで、今では完全に見向きもしない食事の時間もあるそうです。

この子の場合は完全にトラウマだと私は思います。

薬が入っているかもという、嫌なイメージが残ってしまったんでしょうね。

1歳をすぎても1.2キロと小さい子なので食べないのは心配です。

うちにいた頃のガツガツと食べてた子が食べないと聞いてほんとに驚きと共に心が痛みます。

この例も踏まえて、突然ドッグフードを食べなくなった理由に考えられるのは、

● トラウマ

ドッグフードに嫌なものが入っていた。

● ストレス

環境変化等でストレスを感じている。

● 甘え・嫉妬・仮病

プードルに関してですが、割りと嫉妬深く根に持つタイプです。忙しくしていてスキンシップが十分に取れていなかったり、何か気に入らない事を覚えていて、飼い主に対してストを起こしていたり怒っているのかもしれません。

● フードの状態

普段食べているフードでも、嗅覚が優れている犬は敏感です。保管状態が悪く劣化していたりすると食べない事があります。

● 病気

考えたくはないですが、病気も頭に入れておいた方がよいです。病気により食欲がなく食べない可能性も有り得ます。

自分でできる簡単な健康チェックをしてみてください。貧血で歯茎が白くなっていないか?震えていたりどこか痛がっている様子はないか?排泄物の異常はないか?等です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

愛犬が美味しそうにフードを完食するのをみるのは飼い主としては嬉しいものです。

何度もうちの子を例にあげて申し訳ないのですが、うちは多頭なので、どの子も「食べれる時に食べとかないと!」ってな感じで必死に食べます。

個々のハウスに入れ、年功序列でフードをあげていきます。

フードの用意を始めると待ちきれず、自分からハウスに入り待っている子もいます。(笑)

早食いはよくないのですが、他の子にとられる意識があるのか瞬時に完食します。

(完全に1頭づつに分けるので横から食べられる事はないのですが・・・。)

たまに里帰りしてくれる子は、ゆっくりゆっくり完食します。

これは、多頭と1人っ子の違いでしょうね。

うちにいた頃はガツガツと早食いしてた子も、1人っ子になるとゆっくり食べるようになっていました。

とられる観念がなくなってしまったのでしょうね。

1人っ子の余裕とみました。

ドッグフードを食べない子の話を動物病院の待合や自分が出掛けた際に聞こえてくる世間話からもたまに耳にしますが、話しの内容から推測すると1人っ子のようです。

「飼い主さんは私にメロメロ。これを食べなければもっと美味しいご飯をくれるかも?」と甘えやワガママで食べないのではないかとも私は思っています。

確かに食べてくれないのは、飼い主としては頭を抱えて泣きたくなるような悩みであり気がかりな問題です。

「ドッグフードを食べなくて何を食べて生きていくの?」と悲しくなります。

完全手作り食もいいですが、かなりの勉強と栄養の計算が必要になってきます。

そして、フードを頻繁にコロコロと替えるのもワンコも飼い主さんも負担となります。

「では、どーしたら?」本当に難しい問題ですね。

食べないからと甘いおやつや人が食べているものをあげてしまったら余計にドッグフードは食べなくなります。

まずは、うちの子は何が原因でフードを食べなくなってしまったのかを考えてみてください。

人と同じで口から食べる事は大事です。

毎食に行うのは癖となり食べない原因にもなりダメですが、トッピングを入れてあげる事で食が進む事もあります。

たまにの少量でいいのでドッグフードにトッピングを足す事も考え、愛犬の食欲増進、そして、「食事 = 美味しい = 楽しい時間」となるといいですね。

少量で栄養 ・ 高カロリーが手軽に摂れる栄養補助食品があります。

こういうものを持っておくこと、いざという時に安心です。

食欲不振で十分な給餌量を食べていない時や低血糖が心配な時はこういった商品で栄養やカロリーを摂取するといいかもしれません。

栄養補助食品

画像出典 : ナモト貿易株式会社 ペットフード部HPより

元気がなく、食べる気力がみられない時は獣医師に診てもらって下さい。

食に関しての記事を「犬が食べてはいけないものを再確認する」また「犬の健康を考えフードを見直してみよう」を書いています。

ぜひ、こちらも読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク