トイ・プードル2匹をトリミングに出す

トリミングを行うのは体力が必要

ここ数年トリミングは自分でしていましたが、初夏からずっと体調不良で今までのペースでお手入れが出来ずにいました。

ブラッシング、お耳、爪のケア、シャンプー、面積の小さい顔周りはカット出来ても、ボディが出来ない(泣)

ハサミを使う事は、指 → 腕 → 首 → 肩 → 背中にとかなりの疲労が溜まります。

体調が悪いなりにも、良い日があったので、無理して小さい子を一匹仕上げたら、置きあげれないほど寝込みまして。

その時は、家族やわんこ達に迷惑をかけました。

でも、お世話は休むことはできないので、お世話して、寝込む、お世話して、寝込むの数日が続きました。
自分の体調管理も重要だと改めて痛感です。
反省から、トリミングに出すことにしました。

選ばれましたのは2匹、毛量が多く巻が強い双子の兄妹(7歳)です。

兄はギャビ、妹はジジです。

 

スポンサーリンク

 

仕上りのイメージは事細かに説明する。

毛量が多いのをいかし、ギャビはアフロにしています。

ジジは、ビーナッツを強めに入れてもらい、お耳は長めにオーダー。2匹のいつものスタイルです。

せっかくトリマーさんにお願いするのだから、違うスタイルにしてもらえばよかったと思いましたが、やっぱり好みは譲れません。(笑)

私の好みのスタイルを事細かに説明しました。

前にも書きましたが、伝える事は重要です。

顔の感じ、耳、マズル、ボディはバリカンorはさみのどちらで仕上げてもらうか、足やしっぽの長さやかたち。

トリマーさんにとったらうるさいお客かも知れませんが、大事です。

わがまま兄妹ですので、いつものお手入れはイヤイヤ~で嫌がります。

嫌がるので時間もかかります。

それもあって、トリミングに選ばれし2匹でもありました。

 

スポンサーリンク

 

お迎えでのチェックは忘れずに。

お迎えに時間になったので、迎え行きました。

最初に出てきたのは、ジジ。

かわいい~。

ん!でも、頭の上はあまりは高さを出さないでとお願いしたのに、高さがある。

「すいません。もう少し、頭の上をカットして下さい。」

とやり直してもらいました。

ジジ

ジジがお直しに連れて行かれた後に、ギャビが連れてこられました。

かわいい~。さすがプロ!素敵なアフロにしてくれました。

でも、頭がデカすぎる!

申し訳ないと思ったのですが、

「すいません。もう一回り頭を小さくしてください。」

とギャビもやり直していただきました。

トリマーさんもプライドを持ってお仕事をされているのに、どうなのかな~なんて思いますが、やはり伝えることは大事です。

我が子をキレイにしてくれるトリマーさんに感謝!

プロと私

左 : プロ          右 : 私

自分でカットをするようになって、トリマーの仕事は本当に大変なお仕事だと思います。

犬が好きなだけではとても務まりません。

改めて感謝をした一日でした。

オーダーはしてなかったのですが、ギャビに長~いまつ毛を作ってもらってました。羨ましい~!!

ジジは女の子なのになし。毛並みの問題でしょうね。残念。

まつ毛

2匹を可愛く綺麗にしてくださりありがとう~。

2匹が嫌がらずにトリミングをさせてくれたと聞いたので、久しぶりにトリミングに出してさらによかったと思いました。

ギャビ&ジジ

ギャビ(左)とジジ(右)、たまにはサロンで緊張してくるのもいいです(笑)

 

スポンサーリンク