愛犬の写真を可愛く撮るのは難しい。でもコツさえつかめば大丈夫。

愛犬の成長、トリミング後、一緒に旅行、何気ない生活の中での瞬間をパシャ!

愛犬を可愛く撮るには?

と、愛犬の成長、思い出等記録に残しておきたい場面はいっぱいあると思います。

でも、ほとんどの犬はカメラ嫌いなはず。(泣)

過去に一回だけ、カメラ好きなプードルに出会った事があります。

飼い主さんが、「はい、カメラ」という掛け声をかけるとカメラ目線。

感動ものでした。

うちの子はカメラを持つと、サーっと散っていき、寝たふり(笑)

私の言う事を理解でにる成犬は、ポーズをとらせ、待て!でカメラ目線を向けさせますが、目が…。

そう、イヤイヤだと目がキラキラしてないんですよね。

かといって動きのある写真はブレまくりで残す価値なし。

ほんと、難しい。

前は一眼レフ連写で撮ってました。

動きまわる赤ちゃんの写真などを撮るのはよかったです。

赤ちゃんもカメラを持つとわかるのかハイハイしながらカメラのレンズとは逆に動き始めるので苦労しました。

時間をかけても疲れさせてしまうので、時間との勝負です。

赤ちゃんを撮るのは綺麗に撮れて連写もできる一眼レフがいいですね。

残せる写真が数枚はチョイスできます。

ある程度大きくなっても、カメラ目線はくれないので、こちらが動くしかなく、そんな時も連写が助かりました。

動物マークが付いたモードも選択できたので、動きに対応でき綺麗に撮れるようになってるんでしょうね。

色んなモードで試してました。 レンズが嫌?

カメラを持つと「写真撮るのね。」って感じで遊んでても止めてしまったり。

可愛いわが子を記録に残すのは大変です。

今はスマホでかなりよい感じに写真が取れます。

常に手に取れるところにスマホを置いておいて、その瞬間を逃さないようにしてます。

色んなアプリが出てるので、コントラストなどの修正もできちゃうのが嬉しいですね。

それ、フツー!と思われるかもしれませんが、私が写真の撮り方です。

 

カメラ目線をもらうには。

カメラ目線をもらうには、自分の方、レンズを見てもらわなくてはなりません。

それには、犬の注意を引くことです。

● 1人で撮る場合

・口笛を吹く
・オモチャを鳴らしたり、振る
・オヤツをちらつかせる

このあたりが、効果的です。

利き手でカメラ or スマホを持ち、反対の手でオモチャやオヤツを持ち注意をひきつけます。

ほぼ、カメラ目線をもらえるはずです。

● 2人で撮る場合

1人で撮る場合の反対の手の変わりをしてもらいます。

注意を向けさせてもらうので、撮る事に集中できます。

カメラのレンズのあたりか、カメラマンの肩あたりに注意を引くものを持ってもらうと上手く撮れるかと思います。

どんな撮り方をしても可愛い子は可愛いです。

スマホのライブラリーはわが子の何気ない写真でいっぱいのはず。

私もいっぱいです。(笑)

わが子はどんな表情、角度でも可愛いですが、やはり、より可愛く撮りたいと思いませんか?

 

角度で決まる!

より可愛く見えるのはズバリ角度だと思います。

まずは、犬の目の高さにレンズを持ってくる事。

何気ない表情、遊んでる所を狙いたい時は、カメラマンは腹ばいになる事も。

ソファや椅子など、高さが決まっているところで撮る方が撮る側としては楽かもしれません。

真正面からとらえると、マズルが短く写ります。

長いより丸いほうが可愛いと思いませんか?
・上から見下ろした角度

 

・下から見上げた角度

 

・真正面

 

同じワンコでも、撮る角度により、全然違いますよね。

カメラ嫌いが増してしまうので、ご褒美や優しい声をかけてあげながら、わが子の一番可愛い角度を調べてみるのもいいかもしれません。

 

写真は犬の目の高さに合わせる!

愛犬の目線でカメラ固定。これが可愛く撮るポイントだと思います。

個人的な私の意見ですが、試して見てください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です