犬の夏バテ対策。愛犬の体調管理をしっかりとしていきたい。

犬も人と同じように夏バテをします。

毎日、暑いですね。今年は特に暑いです。

犬は一年中毛皮を着ているようなもの。

苦しい、辛いなどの言葉を話せないので、病気や夏バテ対策は飼い主にかかってきます。

季節に関係ない病気は難しいですが、夏バテの症状や対処法を知っておき、飼い主が行える愛犬の健康チェックで愛犬の夏バテを防いでいきましょう。

犬の「夏バテ」も、人の夏バテにあてはめて考えてみると、分かりやすいかも。

・食欲がない
・元気がなく、ダラッとしている
・下痢になる
・身体が熱い

こういった症状が、徐々に出てきたら夏バテの可能性がありです。

特に多く、分かりやすい症状が、「フードを食べなくなる」のがあります。

普段の半分以下しか食べないということも。

そうなると、病院に行くべきかと悩んでしまいます。

子犬や老犬の場合は、もともと体力や抵抗力が低いので、いつもと様子が違う場合は、夏バテに限らずですが早めに病院に連れて行かなければなりません。

涼しい場所で過ごさせる。

扇風機で風をあてるのではなく、その場所、部屋自体を涼しくすることが必要です。

(電気代が気になりますが、家はエアコンをフル稼働させてます。)

犬用のクールマット等の使用。

夏バテ予防には水分補給が欠かせません。

新鮮なお水をいつでも飲めるように用意してあげてます。

成犬なら、食欲が落ちていても、お水を飲んでいて元気なら、あまり神経質になる必要はないかもしれません。逆に、食欲があるけど、元気がない場合もあります。

どちらしても、様子観察はして、早めの受診をした方が安心はできます。
夏場に食べる犬が多い物は、氷、きゅうり、スイカ、りんごなどです。

家の子たち、りんごとスイカが大好きで、切っていると、いつの間にかキッチンにいる私の足元に集合してます。

剥いたり、切ったりしている音の区別がつくのですね。音じゃなくて、匂いですかね(笑)

おねだりにきて、可愛いのですが、そこは我慢。その場ではあげず、りんごはフードのトッピングに、スイカなら食後のデザートとしてあげています。
人も、暑いさなかには食べる気がしないものです。

少しでも食べさせたい時には、鶏のササミを茹でて冷まし、小さく裂いたものをフードにトッピングすると、

食欲が出る子は多いです。

 

そして人と同じく、あるいはそれ以上に、暑さに弱い生き物でもあります。

夏バテの症状を見極め、対処をしながら、暑い夏をのりきりましょう!

何気ない癖、甘え方など、いつもしている事をしない日は心配になります。

犬も大切な家族。

普段から愛犬をよく観察、みていることが元気に暮らしてくれる大事なポイントになりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です