DEKOBOKOROAD(でこぼこみち)とは

ティコがDEKOBOKOROAD(でこぼこみち)を開設するまで

1970年代、岐阜県に生まれる。

小学校、中学校、高校は平々凡々。

高校卒業後、就職しOLとなるが、持病の腰痛が悪化。

ある日突然歩行困難になり、入院。

検査しても原因不明が続き、やむなく、退社。

病院では治療法も見つからないため、自主退院。

整体院での施術による治療に専念することを親が決断。

隣りの愛知県まで車で1時間半かけて、週2回、施術を受けることに。

(交代で私を送り迎えしてくれた家族には感謝です。)

施術後の倦怠感、微熱、痛みに耐えながら、5年経過。

やっと、人並みに生活できるレベルまでに回復。

そんな折、次は母が病気になる。

アルバイトをしながら、入退院を繰り返す母をサポート。

癒しが必要になり、トイ・プードル(レッド♂)を飼う。

母の8年におよぶ闘病生活は自宅で看取り、終わる。

半年後、父が倒れる。脳の損傷が激しく4ヶ月の入院。

父の退院後、介護のためアルバイトを辞める。

さらに癒しを求め、2匹目のトイ・プードル(レッド♀)を飼う。

3年経ち、プードルの赤ちゃんが3匹生まれる。

そのうち、仔犬2匹(♀)を残す。

プードルの出産・育児を経験し、ブリーディングに興味を持ち「動物取扱責任者」の資格を取得。

介護の傍ら、「ブリーディングを勉強し血脈を考え、よりよいトイ・プードルを出す!」を念頭にトイ・プードル専門の(私一人で世話ができるレベルでの小規模な)ブリーダーになる。

よって、♂2匹、♀7匹のプードル軍団の誕生!

父の介護が10年目に入ったころ、自分の心と体に限界を感じる。

平成26年5月末日、父はサービス付き高齢者向け住宅を利用するため引越し。

今に至るまで山あり谷ありの 「でこぼこな道(人生)」 を歩んできました。

父の介護から離れたことで、動き出した私の人生。

今は長年酷使してきた 「心と体」 をリセット ・ 充電中。

 

DEKOBOKOROAD(でこぼこみち )開設

そんなこんなで平成26年8月、DEKOBOKOROAD(でこぼこみち)の 開設により、私の第二の人生の第一歩とすることにしました。一度きりの人生、楽しまなければですよね。

40代女性、美容と健康に気を使わねければならない歳です。(女性ならば歳は関係ありませんが・・・。)

自分磨きを頑張りたいです。

私が興味をもっているもの、愛犬たちトイ・プードルの事やアプリゲーム「ポケコロ」等々紹介していきたいと思っています。

よろしくお願いします。

 

DEKOBOKOROAD(でこぼこみち)
URL  :  http://dekobokoroad.com
mail  : main@dekobokoroad.com
管理人 : thico(ティコ)