月別アーカイブ: 2018年10月

いきなり団子

熊本名物★いきなり団子

素朴で優しいお味の熊本の郷土菓子、「いきなり団子」の紹介をしたいと思います。

 

フィクションの食べ物

恥ずかしながら、「いきなり団子」をこの歳になって知りました。(汗)

数十年前に姪と観ていたアニメ、「ケロロ軍曹」でいきなり団子が出てきました。

ケロロが発するからして独特で、アニメの中だけに存在するケロロ軍曹の好きな自分の故郷のお菓子だと思い込んでいたのです。

 

「いきなり団子」を知り・食す!

妹のお土産でいきなり団子がフィクションの食べ物でないのを知りました。

ノー残業デーに名鉄名古屋駅に隣接する名鉄百貨店の食品催事場で買ってきてくれました。

おいおい、妹よ。どんだけ購入〜!!

私のツッコミに「だって、残業ない日に買っておかないと」ですって。

まあ、確実に買える時に買っておかないとですよね。(笑)

蒸したてを詰めてもらってきたので家に持ち帰った時もまだ温かったです。

1個の大きさは

7×6×3㎝ 程

ボリュームあります。(パックからはみ出してました。( ´艸`))

 

私がいきなり団子を食した感想は、

甘すぎないしっとりしたお芋と餡、どちらかが主張しすぎず優しいお味。

しっとりしたお芋と餡とはちがう食感の少し固め皮がまとめてくれています。

塩が付いてましたので、少しつけてパクり。

塩自体が美味しそうな顔してますが、期待は裏切りませんでした。

塩をつける事により素朴で優しい味に厚みが出ました。

塩味を足すことにより甘みが強く感じられます。

ん~・・・、味が濃く、深くなったと表現した方がいいかな。

塩が美味しくないと衝撃的な味の変化は体験できないかもしれませんね。

これは好みが分かれると思います。

妹は塩なしで優しい味のままが好みだそうです。

私はどちらも楽しみました。

実は妹、さつまいもは苦手なのですが、この「いきなり団子」だけは違うそうなんです。

お芋がそのままガッツリ入ってるのになぜ?と、解せないところもありますが、万人に好かれるお菓子だということですよね。

 

まとめ

いきなり団子の由来

熊本で昔から愛され続けている郷土菓子「いきなり団子」その名の由来はいきなりお客様が来てもすぐ出せる団子という意味と生の芋を調理する生き成りという言葉の意味が重なっているといわれています。

くま純 http://kumajyun.co.jp/sp/

くま純さんのサイトからひっぱってきました。

「いきなり」の意味がわかりました。👍

くまモンシールも可愛い♡

いきなり団子は冷凍にしても美味しく頂けるようなので、また、出店していたら、ドーンとたくさん買ってきてもらいます。

厳選された美味しいモノが並ぶ催事場のチェックは重要ですね。