愛犬の冬の健康管理してますか?

ワンコにとっても冬は厳しい季節

冬は散歩が厳しい季節。寒がりなワンコは散歩拒否したり、ジーっと丸まって体温保持等で運動不足気味にります。
また、お水を摂取する量が少なくなったりと生活習慣が変わってくるため体調管理が難しくなります。
寒さにより免疫力は低下し風邪などを引きやすくなります。
また、冬は乾燥する季節です。
湿度や室温の管理をし、私達人間同様、ワンコの皮膚の状態などに気をつける必要があります。

 

ワンコにも冷え性はある!

犬は喜び庭駆け回り?ってウソですね。
特に小型犬は寒さに弱いです。
冷え性の子は、室内にいても、四肢の先端や肉球、耳がキンキンに冷たくなってます。
愛犬をチェックしてみてください。
大丈夫でしょうか?
冷えが原因で血行不良、免疫力も落ち、泌尿器系、感染症、低体温症などの様々な疾病を発症する怖れがあります。
人と同じですね。
そうならないためにも、冷え防止対策も必要になってきます。

我が家の場合、極小の子や冷え性の子には寒くなるとボディウォーマーをしたり、ウェアを着せて体が冷えないようにしています。

 

スポンサーリンク

 

ワンコが冬場、乾燥によりかかりやすくなる病気は?

冬は空気が乾燥している上に、暖房器具を使用することでさらに室内が乾燥しやすくなります。
ワンコは暖房器具の前を陣取ってますから、余計に乾燥してしまいますね。
乾燥により発症しやすい病気を以下のようなものがあります。

◆感染症・呼吸器系
人と同様、乾燥はワンコにとっても鼻やのどが乾いて、風邪などの感染症や呼吸器系の病気の元となってしまうようです。
・くしゃみ
・咳
などの症状が頻繁に見られたら獣医師に診てもらってください。

◆皮膚炎
乾燥した季節は静電気が起こりやすいため、皮膚が痒くなってフケがいつもより多く出たりする子もいます。
体を頻繁に掻いている様子が見られたら皮膚が乾燥しているのかもしれません。
ペット用のケア製品に保湿タイプもあります。そういったものを使い皮膚とコート、肉球などを潤してあげるのもいいですね。

APDCモイスチャー

画像出典 : A.P.D.C HPより

成分が合わない子もおり、皮膚炎が発症、もしくは悪化する場合がありますので使用には十分に注意し何らかの異常があれば即、獣医師に診せてください。

 

冬場の冷え・乾燥からワンコを守るための対策

人と同じでこの2点となります。
・湿度を保つ
(私はある講習で大学教授に湿度は60%くらいが好ましいと聞きました。60%はかなりの湿度ですよね(汗))
暖房器具を使用している時はこまめに換気をしたり、加湿器を利用し湿度を保つように心掛けるといいですね。

・室温をワンコにとっての適温にする
「18~22℃」ワンコが快適に感じる室内温度だそうです。
この室温では人は少し寒く感じてしまいますが、人に合わせて暖房をつけているとワンコにとっては暑く感じてしまい、脱水が進んでしまう原因にもなりかねません。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

寒さや室温で水分補給の心配をしつつ、室温、湿度で乾燥と難しいですね。
冬場に水分補給をさせるのも大変ですが、ワンコは当然自分でお肌の手入れができないし、痒い!ともいえません。
頻繁にカリカリと後ろ足で皮膚を掻く仕草をみかけたりしたらその箇所をみてあげてください。
普段の様子やブラッシングなどのお手入れの中で皮膚の状況をよくみてあげると皮膚炎等の早期発見に繋がります。
また、冷え性の子には足裏(肉球)のマッサージが有効かと思います。
人と同じく、足裏をマッサージすることにより血行が良くなります。
スキンシップも兼ねて毎日少しずつ続けることにより冷え性体質の改善につながるといいですね。
※小型犬の骨や筋はとても細く繊細です。マッサージする際は加減に気をつけてください。

人とワンコは同じ!と思えばそんなに神経質になるほど考えなくてもいいかと思います。
冬の生活習慣が引き起こすワンコの体調不良に気をつけて一緒に生活していきたいですね。

※個人が得た情報等による見解です。

 

スポンサーリンク